バイク査定で失敗しない方法を徹底解説!

バイク売る.com

バイクの廃車や処分をする前に

バイクの廃車方法と手続きに必要な書類について

投稿日:

乗らずに放置しているバイクの廃車手続きを行うと、軽自動車税の納付義務がなくなり、バイクの任意保険も中断できるというメリットがあります。

クルマを永久抹消した場合はすぐに解体処分しなければいけませんが、バイクの廃車手続きでは解体処分しなければならない決まりはありません。

このページでは、バイクの廃車方法について解説します。

廃車手続きに必要な書類

廃車手続きに必要な書類は、バイクの排気量によって異なります。

【125cc以下の原付バイク】

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 認印
  • 運転免許証(公的な身分証明書)
  • 委任状(本人以外の第三者が行う場合)
【125cc超のバイク】

  • 軽自動車届出証(250cc以下)
  • 車検証(250cc超)
  • ナンバープレート
  • 納税証明書
  • 認印
  • 運転免許証(公的な身分証明書)
  • 委任状(本人以外の第三者が行う場合)

ナンバープレートや登録書類を紛失した場合は、事前に警察署へ行って紛失届または盗難届を提出しましょう。

廃車手続きを行う場所

廃車手続きを行う場所も排気量によって異なります。

【125cc以下の原付バイク】
登録所在地の市区町村の役所です。登録所在地はナンバープレートに記載されています。
【126cc以上250cc以下の車検が不要なバイク】
最寄りの軽自動車協会か陸運局
【251cc以上の車検が必要なバイク】
最寄りの陸運局

陸運局で廃車手続きを終えると、126cc以上250cc以下の車検が不要なバイクには「軽自動車届出済証返納証明書」が、251cc以上の車検が必要なバイクには「自動車検査証返納証明書」が発行されます。

廃車したら保険の解約を

バイクの廃車手続きをしたら、保険会社のコールセンターに解約の電話をしましょう。保険には自賠責保険と任意保険の2種類があります。

自賠責保険は全てのバイクで加入義務がありますが、250cc以下のバイクや原付は自賠責保険の払い戻しがあります

任意保険の解約と同時に中断証明書の発行手続きも行いましょう。中断証明書があると、10年以内に再度バイクに乗ることがあれば、中断時の等級で加入することができます。

自賠責の返金額はごく僅か

原付で1年保険に加入していた場合、残り期間が1カ月あった場合の返金額は『220円』2カ月なら『440円』です。自賠責保険の返金額はわずかですから、廃車後に処分するのであれば買取専門店にお願いした方が良いでしょう。

買取専門店にバイクの処分を依頼すると、自賠責保険の解約や返戻金請求手続きも代行してくれます。

バイクを安く買える現実的な方法

バイクを安く買える方法として現実的なのは『いまあるバイクを高く売って購入予算の足しにすること』です。

バイクの値下げ交渉は難しいですが、今あるバイクを高く買ってくれる店を探すのは比較的簡単です。

ディーラーや中古バイク販売店の下取り価格はとても安い傾向がありますので、二束三文で下取りに出して損をする前に、バイク買取専門店に査定をしてもらってください。

バイクランド

原付バイクや二種原付を売るならバイクランドがお勧めです。

「バイクランド」は以前は「ゲオバイク」という名前だった買取店です。DVDレンタルやゲーム販売を行う「ゲオグループ」の一角で、業界2番手の大手買取店です。

即日査定・即日現金払いのスピーディーな対応と、転倒車や事故車買取に強みを持っています。

バイク王

中型バイクや大型バイクならバイク王が強いです。

「バイク王」はバイク買取業界の中で最大手の会社です。大手らしく査定スタッフの対応は丁寧で、査定スタッフ対応満足度は93%ととても高いです。

 

バイクブロス

バイクブロス

国内最大級のバイクの総合ポータルサイト『バイクブロス』が運営する一括査定サイトです。

大手参加企業が競合して査定金額を提示するため、より早く、より高い査定額が期待できます。

-バイクの廃車や処分をする前に

Copyright© バイク売る.com , 2017 AllRights Reserved.