バイク査定で失敗しない方法を徹底解説!

バイク売る.com

原付バイクを高く売る

原付バイクを下取りしてもらう事のメリットとデメリット

投稿日:

  • 今乗っている原付バイクが古くなったから乗り換える
  • 50ccや125ccの原付バイクから、ビクスクなど125cc超のバイクに乗り換える

バイクを買い換える時には、それまで乗っていた原付バイクを下取りに出す方が多いです。このページでは、下取りに出すことのメリットとデメリットについて解説します。

下取りのメリット

  • 下取りの査定額を新しいバイクの費用に当てられる
  • 一つの業者で全てを代行してくれるために手間が少ない
  • 新しいバイクの納車日まで、下取りに出す原付に乗っていられる

乗っていたバイクを下取りに出すメリットは、何と言ってもバイクを売る手間がかからないことです。

下取りのデメリット

  • 買取専門店の査定よりも安い場合が多い
  • 下取りの査定額があって、名義変更などの手数料が発生する場合がある
  • 下取価格と新しいバイクの値引きがわかりづらい
  • 追加したパーツは評価されない

下取りのデメリットは査定額の低さです。

査定額に不満がなければ販売店で下取りしてもらった方がよいでしょう。

業者によっては、買取専門店と販売店で10万円以上の差が出る場合があります。PCXやマジェスティ125、シグナスX、リード125などの人気のある原付バイクは差が大きいです。

バイク購入時の値引きが10万円以上になることは滅多にありませんから、バイクをお得に買うためにはバイク買取店を使った方が良いです。

原付バイクを下取りに出すと手数料がある?

販売店は原付査定に弱い傾向があります。特に古い状態のバイクは店頭で再販しづらいですから、最初から査定額0円になることも珍しくありません。下取り査定が0円だとしても、事務手数料や査定料として費用を請求する場合も多いですね。

買取店では、基本的にどんなバイクでも無料で引き取ってくれます。更に多くのケースで5,000円以上の査定額が付きます。

損しないためにはバイク買取専門店に売る

下取りは手間が少ないメリットがありますが、買取店に買い取ってもらった方がお財布に対するメリットは大きいです。下取と買取の差額は50ccの原付なら1万円以上に、125ccのバイクでは10万円以上になることもありますから、買取専門店の利用を考えてみてはいかがでしょうか?

買取店を利用する際は、新しいバイクの納車日に合わせて引き取ってもらいましょう。買取店の方に説明すれば、バイクが無くなる期間が出来ないように予定を合わせてくれます。

バイクを安く買える現実的な方法

バイクを安く買える方法として現実的なのは『いまあるバイクを高く売って購入予算の足しにすること』です。

バイクの値下げ交渉は難しいですが、今あるバイクを高く買ってくれる店を探すのは比較的簡単です。

ディーラーや中古バイク販売店の下取り価格はとても安い傾向がありますので、二束三文で下取りに出して損をする前に、バイク買取専門店に査定をしてもらってください。

バイクランド

原付バイクや二種原付を売るならバイクランドがお勧めです。

「バイクランド」は以前は「ゲオバイク」という名前だった買取店です。DVDレンタルやゲーム販売を行う「ゲオグループ」の一角で、業界2番手の大手買取店です。

即日査定・即日現金払いのスピーディーな対応と、転倒車や事故車買取に強みを持っています。

バイク王

中型バイクや大型バイクならバイク王が強いです。

「バイク王」はバイク買取業界の中で最大手の会社です。大手らしく査定スタッフの対応は丁寧で、査定スタッフ対応満足度は93%ととても高いです。

 

バイクブロス

バイクブロス

国内最大級のバイクの総合ポータルサイト『バイクブロス』が運営する一括査定サイトです。

大手参加企業が競合して査定金額を提示するため、より早く、より高い査定額が期待できます。

-原付バイクを高く売る

Copyright© バイク売る.com , 2017 AllRights Reserved.